切らずにたるみ治療ができるクリニック大特集【東京版】

切らずにたるみ治療ができるクリニック大特集【東京版】

切らずにマイナス10歳肌!たるみ治療.com

たるみ治療クリニックおすすめランキング » 切らないたるみ治療ウルセラなびin東京 » 平均的な料金

平均的な料金

たるみ治療法・ウルセラにかかる費用や、その詳しい内容について調査しました。
メスを使わずにリフトアップできるのは嬉しいけれど、初めて試す方にとっては、どのぐらいお金が必要なのかはとても気になるところですよね。
パーツごとの料金の相場や、お得に受けるためのマメ知識など、ウルセラの料金に関する情報をお届けします。

ウルセラの治療にかかる料金の相場は?

ウルセラの治療には、平均でおよそ20~40万円ほどかかります。

クリニックによって違いますが、パーツごと(首、上顔面、中顔面など)なら10万円台、顔全体なら20万円台、顔と首を一緒に受ける場合は40万円台のところが多いようです。
二回目以降は3~5万円ほど安くなる場合が多いので、何度も受けたい人には安心ですね。

キャンペーンでお得感を出しているクリニックもあり、その場合は料金表に書かれている金額よりも大幅に値下げになることが珍しくありません。
クリニックのHPをチェックして、そういった機会を逃さないようにすると安く受けることができておすすめです。

ただし、初回は安くして二回目からは高い料金を請求したり、しつこく勧誘されたりすることもあるので、事前に口コミなどを利用して評判をチェックしておきましょう。
また、別のメニューと組み合わせることで、料金を安くしているところもあります。ウルセラの他に受けてみたいメニューがある時には便利です。

施術料が高いのは消耗品が高額だから?

ウルセラの治療には、トランスデューサーという機械が使われますが、これが非常に高額なため治療費も高くなります。
おまけに世界的に人気で品薄状態なので、仕入状況によっては治療を断わられることさえあります。

トランスデューサーは6種類あり、照射する部位や目的に応じて使い分けられます。
1つ当たり2,400ライン照射でき、顔全体に使う場合でおよそ7人分。
似た機械にサーマクールがありますが、これはまだショット数が余っていても施術が終わりしだい捨ててしまうので、そう考えるとウルセラはコストパフォーマンスが良いほうなのかもしれませんね。

料金が安すぎるクリニックには注意

ウルセラは消耗品の値段が高く、経費のかかるたるみ治療法です。
そのため、どんなに料金を安くしようと頑張っても、最低でも15万円ぐらいにはなってしまうのです。

ところが、このウルセラを相場よりも安く受けられるクリニックが存在します。
もちろん、患者さんの予算を考えてギリギリまで料金を抑えてくれているところもありますが、ある程度の質を保とうとすれば、おのずと限界があるはず。
相場よりも安い料金設定のクリニックには、とんでもないウラがあるので注意が必要です。

たとえば、ウルセラを受ける前の医師の診察がいい加減なところです。
比較的安全な治療法とはいえ、肌の奥深くまで超音波が届くウルセラは血管や神経を傷つける可能性のある難しいもの。

施術中も常に手で患者さんの肌を触診しながら慎重に進めていく必要があるぐらいなので、事前に患者さんがどのような状態にあるのかを把握しておくことは非常に重要です。

また、正規品は高いので安価に購入できるコピー品を、ウルセラの進化版と謳っている悪質なところも。
怪しいと思ったら別のクリニックに転院するようにしましょう。

 

切らないたるみ治療サーマクールなびin東京

切らないたるみ治療ウルセラなびin東京

たるみ治療【レーザー】

たるみ治療【注射】

たるみ治療【糸】

顔のたるみで気になる部位は?

いちおしクリニックのたるみ治療体験談

たるみ治療を行うクリニックリスト