切らずにたるみ治療ができるクリニック大特集【東京版】

切らずにたるみ治療ができるクリニック大特集【東京版】

切らずにマイナス10歳肌!たるみ治療.com

たるみ治療クリニックおすすめランキング » 切らないたるみ治療ウルセラなびin東京 » 効果が持続する期間

効果が持続する期間

リフトアップや、たるみ治療の効果が期待されているウルセラですが、どのぐらい効果が持続するのかを調査しました。
また、再度受けなおす必要がある場合は、どのタイミングで施術すると効果的なのかについても説明します。
上手に利用して、ハリのある美肌を手に入れましょう。

ウルセラのリフトアップ効果の持続期間はどのぐらい?

ウルセラの一般的な効果持続期間は約半年~1年です。
超音波エネルギーによって引き起こされた振動が熱を生み、SMAS筋膜を引き締めることによってたるみが改善するのですが、これらの効果がはっきりと現れてくるまでに約1~2ヶ月ほどかかり、それから徐々に肌がふっくらとしてきます。

しかし、残念ながらその効果は半年をピークに下がり始め、1年が経つ頃にはまた元のシワやたるみが目立つ肌に戻ってしまいます。
そのため、効果が完全になくなる前に再度治療を受け直す必要があるのです。

持続期間を延ばすためのコツとは?

ウルセラは、最初の施術から3~6ヶ月後に二回目を受けると効果的だといわれています。
また、持続期間もやや伸びるので、できるだけ効果を長持ちさせたいならこのタイミングを逃さず施術を受け直すと良いでしょう。

ウルセラに似た治療法に、サーマクールというものがありますが、この2つを併用するやり方も持続期間を延ばすのに役立ちます。
サーマクールは、高周波RF(ラジオ波)によってコラーゲンの収縮と増殖を促すもので、施術方法や得られる効果はほとんど同じです。

しかし、ウルセラが皮膚の深い部分に作用するのに対し、サーマクールは皮膚の比較的浅い部分に影響を与えるので、お互いに足りない部分を補い合ってより美肌に近づけることができます。

ちなみに、どちらかというとサーマクールは顔の引き締め、ウルセラはリフトアップが得意です。

ウルセラの効果が出やすいのはどこ?

効果が比較的はっきり出やすいのは、目の上や目尻のたるみです。
目の下は若干効果が出にくい傾向がありますが、頬やこめかみにしっかり照射することによって引き上げられるので、医師と相談して施術方法を工夫してみましょう。

また、フェイスラインや顎のたるみにもよく効くので、二重あごが気になる人にも最適。
二回目のタイミングをしっかり合わせていくことで、目立ちやすいあごのラインをすっきりと保つことができます。

そして、年齢が表れやすい首の部分にも効果的です。
たるんだまま放置していると、やがてネックレスをかけているようなシワができてしまうので、定期的なウルセラで引き締めてあげましょう。

 

切らないたるみ治療サーマクールなびin東京

切らないたるみ治療ウルセラなびin東京

顔のたるみで気になる部位は?

いちおしクリニックのたるみ治療体験談

たるみ治療を行うクリニックリスト