切らずにたるみ治療ができるクリニック大特集【東京版】

切らずにたるみ治療ができるクリニック大特集【東京版】

切らずにマイナス10歳肌!たるみ治療.com

たるみ治療クリニックおすすめランキング » 切らないたるみ治療ウルセラなびin東京 » ウルセラの失敗談、失敗しないためにできること

ウルセラの失敗談、失敗しないためにできること

どんな治療でも、成功した人もいれば失敗した人もいるもの。このページでは、ウルセラ治療を受けて苦~い経験をした人たちの体験談をご紹介します。その経験をもとに、ウルセラ治療で失敗しないためのポイントをまとめました。

ウルセラ治療の失敗体験談

ここでは、ウルセラ治療に失敗した人の体験談をまとめてご紹介しています。成功している人もいる一方、「高い料金を支払ったのにあまり効果がなかった」「効果はあったけど、しばらくしたら元に戻ってしまった」など、苦い経験をした人もいるようです。治療を受けようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

失敗談1 効果を感じられなかった

吹き出しのイラストウルセラを受けてから早1ヶ月が経ちます。正直に言って、どこが良くなったのかが自分でも分かりません。効果を実感できていないってことは、他人が見ても何が変わったのか全然分からないですよね。考え方次第では、なんとなく引き締まったかな~という感じ。ただ、頬が持ち上がったような感じはしなくて、あくまでも気持ち的に引き締まったかな、という程度です。人によってはやつれたと言われそうで微妙だな…。どこかしら変わってもいいんじゃないの?と思いますが、この程度の変化なら良しと思え、ということなんでしょうか。(性別・年齢不明)

失敗談2 効果が持続しなかった

吹き出しのイラスト友人がウルセラを受けて小顔になっていたのを見て、「私もやってもらおう!」と決意。高額だったけれど、顔のウルセラ施術を受けました。施術後はフェイスラインがキュッと引き締まって、前よりも顔が小さくなったと実感。が、問題は効果が続いた期間。私の場合、友人のように長くはもたず、1ヶ月もたたないうちに施術を受ける前の状態に戻ってしまいました…。個人差があるとは事前に聞いていたけれど、いくら何でも効果がなくなるのが早すぎます。料金だってバカにならないし。これからウルセラを受けようと考えている方は、カウンセリングのときに先生に質問しておいたほうが良いですよ。(女性・30代)

失敗談3 料金が高かった

吹き出しのイラスト4日前にウルセラを受けてきました。40万円もかかったのに、全くもって効果ナシ。それどころか、2日くらい経ってから顔が膨らんでしまいました。クリニックでは「これから徐々に顔が引き締まってきますよ」なんて言われたけれど、施術して2日で腫れるなんてどう考えてもおかしいですよね?今まで切るリフトアップ手術とかも受けてきたけど、ほとんどは元に戻ってしまいました…。ウルセラの分も合わせると、200万円近くのお金をドブに捨ててしまったようなものです。ホントやらなければよかったな。今考えても後悔しかありません。(女性・50代)

失敗談4 施術中に痛みがあった

吹き出しのイラストサーマクールでは満足いく効果がなかったので、ウルセラを受けてみました。周りから痛いとは聞いていたけれど、実際に受けてみるとサーマクール以上に痛かったです(泣)。治療後は筋肉痛みたいな痛みがあります。「痛みを感じるくらいだから、今回は効果があるかも?」と期待していますが、今のところ微妙。お医者さんが「3ヶ月くらい経ったら効果が出ますよ」って言ってたから、今はまだ様子を見ようかな。治療のときに感じた痛みと金額分の効果がほしいところですね。(性別・年齢不明)

失敗談5 「効果があるから」とスタッフに無理やり勧められた

吹き出しのイラスト他の施術を希望して、とあるクリニックへ行きました。医師は了承してくれましたが、カウンセラーからは全否定。「その施術は痛いので、代わりにこちらを受けてみてはいかがでしょうか?」とウルセラをすすめてきました。あまりにも押してくる施術だから効果があるのかな、と思って受けてみましたが、いざやってもらうと全然変化がありません。クリニックが高い機械を導入してしまったから、元を取ろうとして患者におすすめしているんだろうな。しかも後日、もともと希望していた施術を受けてみたら全く痛くなかった!「騙された~」と分かったときにはすでに遅かったです。(性別・年齢不明)

ウルセラ治療で失敗しないためには

ウルセラ治療で失敗しないためには、どのようなことに気をつけるべきでしょうか。以下では、ウルセラ治療を受ける際にチェックしておきたいポイントについてまとめています。施術を受ける前のクリニック選びに役立てて、治療を成功させましょう!

ショット数・出力数が多いクリニックを選ぶ

ウルセラはショット数・出力数が多いほどリフトアップ効果を期待できる治療法です。クリニックを検討する際は、ショット数と出力数が多く設定されているかどうかをチェックしましょう。

「ウルセラ5.0PLUS」というガイドラインによると、標準的なショット数は360ショット。しかしこれは最低限の数で、個人の肌質によっては効果が出ない可能性があります。

また、ショット数が多いと言っても、マシンの出力数が低く設定されているクリニックはNG。出力数が低いと必要以上に多く治療を受けなければいけないため、その分費用もかかってしまいます。

ショット数や出力数はクリニックによって設定値が決められているので、事前のカウンセリングで医師に確認してみてください。

痛み対策が整っているクリニックを選ぶ

施術中の痛み対策を万全に行っているクリニックは、高いリフトアップ効果を期待できるでしょう。

出力数が多いと得られる効果が高い反面、施術中の痛みを強く感じてしまいます。「ウルセラは痛いって聞いた」「受けてみたいけど、施術の痛みが不安…」と感じて治療を敬遠している人もいるのではないでしょうか。

しかし、麻酔なしで痛くない治療を行っているクリニックは、マシンの出力数を低く設定している可能性があります。出力数が低いと十分な効果を得られないため、「せっかく治療を受けたのに何も改善しなかった」と失敗してしまうこともあるのです。

施術中の痛みへの対策として、麻酔で痛みを軽減しているクリニックを選びましょう。局所麻酔・静脈麻酔・笑気ガス麻酔など、対応できる麻酔の種類について聞いてみるのもおすすめです。

アフターケアやメンテナンスを行っているクリニックを選ぶ

ウルセラ治療後のメンテナンスとして、定期的なアフターケアを導入しているクリニックは効果を実感しやすいと言えます。

ウルセラやサーマクールなどのたるみ治療の効果は半永久的ではないため、半年~1年ほどの間隔で継続して治療を受けるのが理想的。1度受けたからといってそのままにしていると、あっという間に元の状態に戻ってしまいます。定期的にアフターケアやメンテナンスを受けることで、ウルセラ治療の効果をより高めるだけではなく、効果が持続する期間を延ばすなど嬉しいメリットを実感できるでしょう。同時にシミやシワの改善も期待できるため、加齢を感じさせない若々しいお肌に近づけます。

名医が施術を行っているクリニックを選ぶ

ウルセラ治療の効果は、施術を行う医師の技量も左右します。ウルセラ治療の名医と言われる医師が施術を行っているクリニックを探しましょう。

名医を探すポイントとして、「学会に在籍しているか」「認定医の証明を受けているか」「医師が最後まで施術に対応してくれるか」の3点が挙げられます。学会に参加して美容医療の知識を深め、得た知識をもとに患者の悩みに最適な治療法を提案してくれる医師は信頼できると言えるでしょう。医師の技術力を見定めたいなら、アメリカのウルセラ社が定める認定医として証明を受けているかどうかをチェック。また、医師が最後まで施術に対応しているクリニックは、患者一人ひとりと真剣に向き合っている責任感の強さを判断できます。

たるみ治療専門のクリニックを選ぶ

ウルセラを受けるなら、たるみ治療を専門に行っているクリニックを選ぶのがおすすめです。クリニックによって得意とする施術や専門分野が異なります。全国に分院をもつ大手クリニックでは様々な治療を地方にいても受けられるというメリットがありますが、必ずしも自分が住んでいる地域にたるみ治療を得意とする医師が在籍しているわけではありません。悩みから解き放たれて自信を取り戻したいのなら、自分自身が抱える悩みに特化した治療を行っているクリニックを選ぶのがコンプレックス解消への近道でしょう。

「美容医療をどこで受けても効果は同じ」と考えていると、間違ったクリニックを選んで失敗してしまいかねません。悩みを解決してくれるクリニックを選んで、自信を持てる表情を取り戻しましょう!

 

切らないたるみ治療サーマクールなびin東京

切らないたるみ治療ウルセラなびin東京

たるみ治療【レーザー】

たるみ治療【注射】

たるみ治療【糸】

顔のたるみで気になる部位は?

いちおしクリニックのたるみ治療体験談

たるみ治療を行うクリニックリスト