切らずにたるみ治療ができるクリニック大特集【東京版】

切らずにたるみ治療ができるクリニック大特集【東京版】

切らずにマイナス10歳肌!たるみ治療.com

たるみ治療クリニックおすすめランキング » 切らないたるみ治療ウルセラなびin東京 » 痛みはどのくらい?

痛みはどのくらい?

肌の若返り効果があるウルセラ治療には、ある程度の痛みが伴います。
といっても、決して我慢できないような強いものではありませんが、痛みの感じ方には個人差があるので、人によっては麻酔などの対処が必要になる場合もあるでしょう。

今回は、ウルセラの治療によってどのような感じの痛みが出るのか、実際に試した人の口コミを元に詳しく説明していきます。

ウルセラ治療はチクチクするような痛み

たるみを改善できるウルセラ治療では、トランスデューサーと呼ばれる機械を使います。
超音波の届く深さによって種類が分けられており、より深いところへ届くものほど痛みを感じる可能性は高くなります。
痛みの感じ方は人それぞれですが、針でチクチクと刺されている感じと表現する方が多いです。

また、照射する部位によっても痛みの感じ方が変わってきます。
フルパワーで照射しても、頬は割と痛みを感じにくいのですが、あごやおでこは痛みを強く感じやすいようです。
どうしても我慢できない時は出力を下げれば痛みは和らぎますが、その代わり求める効果が得られず、結局治療が無駄になってしまうことがあります。

高出力でも痛みを感じずに施術するには?

ウルセラの効果を最大限に発揮するためには、できるだけフルパワーで照射することが望ましいのですが、そうなると痛みに耐えられない人も出てきます。
そんな時、役に立つのが麻酔です。
一番多く使われるのは局所麻酔やクリームですが、痛みを強く感じやすい人や広い範囲での照射の場合などは、静脈麻酔が選ばれることもあります。

他に使われている麻酔は、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔など。

どの麻酔を使うかは、施術の内容や患者さん本人の希望によって柔軟に対応してもらえるので、事前に医師とよく相談しましょう。
もっとも、ウルセラは基本的にそれほど痛くない治療法なので、麻酔なしですべての治療を終えられる患者さんもたくさんいます。
もしもの時は麻酔があると、気楽に構えてまずは治療を受けてみましょう。

また、麻酔に抵抗がある場合は、冷却しながらの施術も受けられます。

実際にウルセラを体験した方の体験談

頬やあごのたるみが気になっていた頃、たまたま見ていた美容外科クリニックのHPで、ウルセラという治療法があることを知りました。
私は痛みに弱い体質なのでHPに書かれていた、多少の痛みは伴う治療法です、という言葉に怯えつつも、とりあえず先生の話を聞くためクリニックに予約を入れました。

だいたいの治療の流れや、費用などについての説明を聞いた後、気になっていた痛みについて質問してみました。
すると、「たいていの人は麻酔なしでも十分に耐えられるほどの軽い痛みだから大丈夫。注射を使う麻酔が苦手なら、クリームタイプの麻酔もあるよ」と言ってくれたので、治療に踏み切ることができました。

当日は、おでことあごのラインを中心に照射をしましたが、局所麻酔がよく効いて痛みは全く感じませんでした。
これなら、2回目以降も気軽に治療が受けられそうです。

年を取るにつれ、あごのたるみが気になり、マッサージなどを自分でやってみたのですが、いまいち効果を実感できませんでした。
そこで、インターネットでたるみを治療する方法を調べていたところ、ウルセラという治療法を見つけたのです。

早速、予約を取ってクリニックに行ったところ、先生とのカウンセリングを行いました。完全個室だったので、安心しました。
他のたるみ治療法であるサーマクールとの違いを説明してくださり、とても信頼できる先生だと感じました。

カウンセリング後はメイクを落とし、診察台に寝そべりいよいよウルセラの治療が始まりましたが、先生がリラックスするように声をかけてくれて嬉しかったです。

気になる痛みですが、輪ゴムをはじくような痛みを感じましたが、私は全然耐えられる痛みでした。
治療後、診察台から起き上がってみると、たるみがなんだかスッキリした感覚がありました。

悩んでいたあごのたるみが軽減できたので、ウルセラ治療を受けて良かったです。

 

切らないたるみ治療サーマクールなびin東京

切らないたるみ治療ウルセラなびin東京

顔のたるみで気になる部位は?

いちおしクリニックのたるみ治療体験談

たるみ治療を行うクリニックリスト