切らずにたるみ治療ができるクリニック大特集【東京版】

切らずにたるみ治療ができるクリニック大特集【東京版】

切らずにマイナス10歳肌!たるみ治療.com

1位

プライベートクリニック吉祥寺

プライベートクリニック吉祥寺
院長
佐藤隆悟医師

サーマクールCPT400ショット:11万円
ウルセラ:(初回)22万円 、(2回目以降)20万円

もっと詳しく

2位

シロノクリニック

シロノクリニック
総院長
城野親徳医師

サーマクール:21万円
ウルセラ: 33万6,000円

もっと詳しく

3位

オザキクリニック

オザキクリニック
新宿院院長
小﨑有恒医師

サーマクール(400ショット):19万8,000円
※キャンペーン価格
ウルセラ:施術なし

もっと詳しく

4位

クロスクリニック

クロスクリニック
院長
石川浩一医師

サーマクール(400ショット):37万1,000円
ウルセラ:32万1,000円

もっと詳しく

5位

青山エルクリニック

青山エルクリニック
院長
杉野宏子医師

サーマクールCPT400ショット:38万円
ウルセラ:施術なし

もっと詳しく

たるみ治療クリニックおすすめランキング » 切らないたるみ治療ウルセラなびin東京 » 施術内容とその効果

施術内容とその効果

「ウルセラ」とはどのような施術なのか?ウルセラの施術内容や効果などについて紹介します。

ウルセラってどんな施術?

「ウルセラ」は、超音波の力でたるみ改善を行う最新鋭の治療法です。たるみ治療の中でも特に「リフトアップ」に強い効果を表します。

その理由は、熱を照射できる“深さ”。

ウルセラもサーマクールと同じく、皮膚内部をあたためることでコラーゲンの生成を促進させ、肌にハリを取り戻させる治療法です。

しかし、サーマクールで使われているラジオ波は皮膚表面から2.5ミリの深さまでしか届かないのに対し、ウルセラは超音波を利用するため、4.5ミリ、3.0ミリといった深い部分に照射することができます。

この、深さ4.5ミリの部分にあるのが、筋膜(SMAS)と呼ばれる組織。筋膜は、メスを使ったフェイスリフト手術においても、手術の成功のカギを握っていると言われるほど、リフトアップに重要な役割を果たす部分です。

今まで外科手術でしかアプローチできなかった筋膜が、ウルセラの開発によってメスを入れずに治療することができるようになり、世界で初めての「切らないリフトアップ」が実現したのだとか。

皮膚の深い部分を加熱すると言うと、ちょっと怖い感じもしますが、治療に適した深さ以外にダメージを与えないよう、安全対策もされています。

妊娠したときなど、赤ちゃんの様子を見るために、超音波エコーを使っておなかの中を確認することがありますよね。

それと同じ要領で、ウルセラの施術中も、超音波を利用して皮膚内部をリアルタイムで画面に映し出します。

医師はこの画面を見て、常に照射の深さを確認しながら施術をしていくので、皮膚に余計なダメージを与えることなく、安全で確実に治療部位を加熱することができるのです。

ウルセラは、このモニター技術によって、唯一FDA(米国食品医薬品局、日本で言う厚生労働省のようなもの)の承認を取得している美容医療機器なのだそう。

このように、ウルセラは「切らないたるみ治療」であるため、安全性も高いですし、ピンポイントで照射するため治療部位以外への熱ダメージも少なく、ダウンタイムもほとんどありません。

特殊技術を使っているからたるみの即効治療が可能

ウルセラはたるみの即効治療にも効果的です。

サーマクールでは、照射部分を全体的に加熱するのですが、ウルセラは特殊な技術を使って熱を集中させ、皮膚内部を点状に加熱します(顔全体で7000個以上もの細かい点です)。

点状に加熱することで、熱でダメージを受けた部分の周りには、ダメージのない正常な組織が残ります。正常な組織に囲まれているおかげで、ダメージを受けた部分の修復が早く進み、コラーゲンの再生成もより促されます。

そのため、たるみの改善に即効性があると言われているのです。

また、ウルセラは皮膚の深い部分だけでなく、1.5ミリ程度の浅い部分にも照射することができるので、リフトアップ、たるみ改善に加え、しわ対策にも効果が期待できますよ。

持続性とそのメリット・デメリット

ウルセラの効果は、約半年~1年ほど持続すると言われています。

しかしながら、この持続性は個人差があるうえに、ドクターの技術力にも左右されます。ドクターの腕もしっかり確認して、効果的な施術を受けたいものですね。

なお、ウルセラはピンポイントで超音波エネルギーを照射するので、サーマクールでは難しいとされている口元のたるみや、口角の引き上げにも効果を発揮します。

ただし、ピンポイント照射が可能である半面、照射部分が深く、パワーも強いために、治療箇所が限られてしまうというデメリットもあります。(目の周りやまぶた、甲状腺の上などには照射できません)

そのため、ウルセラとサーマクールを併用できるクリニックを探し、施術を受けることで、さらに高いたるみ改善効果を実感することができるでしょう。

 

切らないたるみ治療サーマクールなびin東京

切らないたるみ治療ウルセラなびin東京

顔のたるみで気になる部位は?

いちおしクリニックのたるみ治療体験談

たるみ治療を行うクリニックリスト